【洗いすぎ厳禁!】ニキビにならない洗顔の回数は1日何回?

「ちゃんと洗顔してるのにニキビができちゃう」

そんな悩みを抱えていませんか?

それは、洗顔の回数が問題かもしれません。

洗顔のしすぎはニキビの元?

ニキビってオイリー肌がなりやすいイメージなので、1日にけっこう洗顔してるって人は多いのではないでしょうか?

しかし、洗顔しすぎるのは完全にNGです。

洗顔しすぎると、肌が乾燥してしまいますが、それこそがニキビの原因なんです。

ニキビは乾燥でできる

肌が乾燥してしまうと、その乾燥を補うために皮脂の分泌が過剰に起こります。

すると、その皮脂が毛穴に詰まってしまい、いわゆる「毛穴詰まり」を起こしてしまうので、

ニキビにならないためには、「保湿」が重要です。

これはちゃんと覚えておくようにしましょう。

ニキビにならない洗顔の回数は?

ニキビにならない洗顔の回数、それは1日2回です。

朝と夜だけ洗顔すればOKです。

テカリを気にして2回以上洗うのはNGです。

「1日2回だけど、ニキビができちゃう・・」

その場合は、次の原因が考えられます。

・洗顔の仕方が悪い
・洗顔料が合っていない
・食生活の乱れ

まず、洗顔は必ず泡だてネットで泡だててから優しく洗うようにしましょう。
ゴシゴシこするのは絶対にNGです。
手のひらと顔の肌は触れないで間に泡を挟んで動かすイメージです。

また、洗顔料もスクラブやミントなどが入っていないものを使うようにしましょう。
刺激がなるべくないものがベストです。

食生活に関しては、乱れてしまうと口内炎やニキビの原因になってしまいます。
もし、偏った食生活を送っているとしたら、それは見直さなければなりません。

・洗顔は1日2回
・それでも改善しないようであれば、洗顔方法、洗顔料、食生活を見直す

それでも改善しない場合はブライトエイジを使ってみてはいかがでしょうか?
ブライトエイジ辛口の口コミはこちらからご覧になれます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です